スペイン音楽総合スレ

1名無しの笛の踊り2015-11-08 00:29:00

グラナドス、アルベニス、ファリャ、ロドリーゴなどについて語りましょう。

6名無しの笛の踊り2015-11-08 09:56:15

スペインといえばフラメンコしか思い浮かばない

作曲家もたいしたことない連中ばかり

8名無しの笛の踊り2015-11-08 15:11:35

>>6

無知無学のバカがわざわざ来るなよw

古便のベートーヴェンでも聴いてろ

9名無しの笛の踊り2015-11-08 15:36:42

意外と中世・ルネサンスあたりのスペイン音楽は面白く、

13世紀の聖母マリア頌歌集や16世紀の王宮の歌曲集なんかを聴いてみると、スペインのヨーロッパ離れしたリズムだのビートだのの感覚の

萌芽が見えるように思えるよ。イスラムに数百年支配された歴史は伊達じゃない。

CANTIGAS DE SANTA MARIA(聖母マリア頌歌集)やCANCIONERO MUSICAL DE PALACIO(王宮の歌曲集)でyoutubeで検索しよう。どれを聴いても、

ヨーロッパ離れしたポリリズムや怪しげな節回しが聴こえ、イスラム圏の音楽のようで楽しいが、イスラム圏ほど不思議感がなく、スペイン音楽の

あの楽しい感じの先祖、と言う感じ。

11名無しの笛の踊り2015-11-10 19:02:29

>>9

聖母マリアのカンティガは曲数が多いから探すの大変だけどいいよね

サヴァール盤がいい

21名無しの笛の踊り2015-11-24 21:53:01

イタリア生まれでスペインで活躍した作曲家ガエターノ・ブルネッティの交響曲

交響曲第33番 ハ短調 「変人」

ルイジ・ボッケリーニの変人ぶりを揶揄した音楽だと

46名無しの笛の踊り2016-02-28 02:21:06

有名作曲家でなくてもいいんだけど、

ビーバーのパッサカリアみたいに、「これだ!」という一曲みたいなのないかな

53名無しの笛の踊り2016-03-26 23:41:40

>>46

TRISTE ESPAÑA SIN VENTURA – Juan del Encina (1468 – 1529)

シンプルだけどジワジワ来る良い曲だよ

54名無しの笛の踊り2016-03-31 17:03:15

>>53

いいね

やっぱスペイン古楽はサヴァールの独擅場だな

71名無しの笛の踊り2016-05-01 22:38:22

ボッケリーニの代表作の一つ

弦楽五重奏曲 ハ長調 「マドリードの夜警隊の行進」 Op. 30, No. 6, G. 324

72名無しの笛の踊り2016-05-01 22:52:24

>>71はこっちのほうが原曲に近いかも

75名無しの笛の踊り2016-05-03 12:53:45

>>72で思い出したが、パブロ・カザルスはスペイン出身の世界的なチェロ奏者だよね

73名無しの笛の踊り2016-05-02 20:01:10

>>69

そんな人どこにでもおるやん

76名無しの笛の踊り2016-05-03 19:52:39

>>75

カタロニア出身です。

カザルスは自分がカタロニア人であることを誇りにしてましたね。

でも、スペイン人として誇りを持っていたのではない。

83名無しの笛の踊り2016-05-16 11:32:28

「アラブ=アンダルシアの音楽」

グレゴリオ・パニアグア指揮アトリウム・ムジケー古楽合奏団

86名無しの笛の踊り2016-05-17 15:26:17

アンダルシアは最後までアラブ人が抵抗してたところで中東色ある伝統音楽が残ってる

88名無しの笛の踊り2016-05-17 20:20:17

>>86

たしかにアンダルシア人のファリャが最も独創的でしたね。

89名無しの笛の踊り2016-05-17 21:21:38

>>88

いや、アルベニスが最高だろう

90名無しの笛の踊り2016-05-17 21:42:57

現在中南米で話されているスペイン語にはアンダルシア方言と共通の特徴が多くみられるらしい

戦前ハワイに移住した日本人に西日本出身者が多かったのと似ているかな

"うわさのカム・トゥ・ハワイ"

91名無しの笛の踊り2016-05-18 20:51:58

>>90

南米へ移住した人々ば、初期はバスク地方出身者が多かったそうだ。

彼らは非常に有能で、移住先での開拓に非常に貢献している。

有名な話だが、世界一周を初めて成し遂げたマゼランの船で、実際にスペインに着いた時の

船長はバスク人だった。

92名無しの笛の踊り2016-05-18 21:15:08

>>91

スペイントリビアのスレみたいになってるけど、

そう言えば、フランシスコ・ザビエルもバスク人でしたな。

ウィキのバスク人の項目を見ると、イグナティウス・ロヨラもサラサーテも

ラヴェルもラロもバスク人でした。シモン・ボリバルやチェ・ゲバラの名も見える。

なにげにすごい人たちかも(特に人口比で考えると)。

93名無しの笛の踊り2016-05-19 20:11:48

「カルメン」のドン・ホセがバスク人という設定。 ぼくとつな田舎者で

真面目一方な性格は、スペインの一般的なバスク人観 のようだ。

山国だからね、融通はきかない、頑固、だけど真面目。

日本なら< 信州人 >か。

94名無しの笛の踊り2016-05-24 18:34:33

バスク人、

音楽スレの閲覧者としては、ラヴェル、ラロ、サラサーテ、カルメンのドンホセがバスク人

というだけで興味深いね。

最近の話題だと、メキシコのアギーレ監督がバスク人。いろいろあって残念な結果になった。

アルべニスがバスク系じゃなかったかな、出生地はちがうが。

97名無しの笛の踊り2016-05-28 21:26:32

>>92 >>93 >>94

バスク人がスペイン史に残した偉業、

マゼランの船で船長亡き後、かれの意思を継いで世界一周航海をやり遂げたエルカーノ。

哲学者ミゲル・デ・ウナムーノ、神経のニューロン説を発見したラモン・イ・カハール、

南米では、エバ ペロン大統領夫人、チリのアジェンテ大統領、ピノチット大統領

チリの文学者パブロ・ネルーダなど有名人を輩出している。

大コロンビアを独立させたシモン ボリバルこそ南米諸国の生みの親だった。

96名無しの笛の踊り2016-05-26 19:13:45

フラメンコギターひきがたりー

なんだかかわった曲2曲目が

101名無しの笛の踊り2016-05-29 22:10:50

Wikipediaを見ると、スペインではリュートは普及しなかったとのことなので

ヴィオールで演奏されるスパニョレッタが正統なのかも

112名無しの笛の踊り2016-07-03 01:58:29

というのは両者の曲には

フラメンコのラスゲアードが効果的に使われていたり(ボッケリーニ)

疾走するピカードのようなスケールそのものの迫力自体が目的のような

パッセージが多々見られてどうもフラメンコギターのドゥエンデを再現しようと

しているようなきらいがあるので

113名無しの笛の踊り2016-07-03 08:17:24

>>112

フラメンコの歴史を調べると、結構新しいみたいね

でも「フラメンコ」になる前の、その原型のような民族音楽が

スカルラッティの時代にもあったのかも

114名無しの笛の踊り2016-07-04 08:34:36

アルベニスの奔放な性格は誇張されていると思う。

彼はあれだけ沢山の、それも技巧的で緻密な曲を書いている。そんな人が

粗っぽいキャラであるはずがない。

117名無しの笛の踊り2016-07-06 08:30:26

>>114

アルベニスが緻密な曲を書くようになったのは晩年になってからだけだろう

それまでの作品はなんというかスカスカだよ

その落差があまりに激しい

116名無しの笛の踊り2016-07-05 15:51:53

このスレはレベル高いですね

数人のマエストロが書き込むと

なんと格調高くなるのかと

そこでマエストロに質問です。

ギターによるスペイン音楽しか聞かない

のですが、ギターで演奏して演奏効果

のあがる曲でまだギターによる演奏がない

曲を教えてください。自分で編曲して

弾いてみようと思ってます。

118名無しの笛の踊り2016-07-06 08:31:43

>>116

そりゃもうアルベニスのイベリア全曲

部分的にはギター編曲あるはずだけど、さすがに全曲はないんじゃないかな

119名無しの笛の踊り2016-07-06 10:55:36

>>118

カニサレスが全曲ギターソロでやってます。あとギター3重奏や4重奏でも全曲録音してますね。

でもギター向きの数曲を選んだジョン・ウィリアムスくらいでよいかも。

グラナドスのスペイン舞曲は最近、日本のギタリストが全曲録音しました。

120名無しの笛の踊り2016-07-06 11:40:14

ボッケリーニを批判したことで有名な、ブルネッティ(イタリア生まれでスペインで活躍)も、もっと評価されていい

ガエターノ・ブルネッティ – Gaetano Brunetti (1744-1798)

五重奏曲第1番 Op. 2, No. 1

五重奏曲第2番 Op. 2, No. 2

五重奏曲第4番 Op. 2, No. 4

ファゴットと弦なので、ギター好きには趣味が合わないかもしれないが

121名無しの笛の踊り2016-07-06 11:48:33

>>120

何と批判したの?

ギターなんか入れてダサい?

展開部がない?

123名無しの笛の踊り2016-07-06 11:55:18

>>121

>21

イタリア生まれでスペインで活躍した作曲家ガエターノ・ブルネッティの交響曲

交響曲第33番 ハ短調 「変人」

ルイジ・ボッケリーニの変人ぶりを揶揄した音楽だと

まあ、チェロが異常な活躍をするところとかかな

133名無しの笛の踊り2016-09-27 18:48:45

スペイン音楽は、やっぱり19世紀以降の作品かしら

135名無しの笛の踊り2016-09-28 14:36:44

>>133

アリアーガでいったん途絶えてる気がするな

134名無しの笛の踊り2016-09-28 00:03:52

ロドリーゴに本格的な交響曲を書いてもらいたかった

136名無しの笛の踊り2016-09-30 23:08:12

カベゾンに興味が

>>134

ラヴェルのようなオケ作品書く人が交響曲、は無いな

139名無しの笛の踊り2016-11-26 21:18:00

>>136

ラヴェルならシンフォニーの傑作は書けるな、古典派の正統派でしょ、この人は。

142名無しの笛の踊り2016-11-27 01:19:37

キューバの作曲家なら書いてるんじゃないの?

レクオーナとかブローウェルくらいしか知らないけど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする